独学で行政書士を学ぶには|憧れを形にする

女性

やりがいのある仕事

先生と子供

保育士になるためには資格を取得する必要があります。学校で勉強することによって、資格を取得することができます。資格を取得する以外にも、保育士になるために必要なスキルを身に付けることができるというメリットもあります。

もっと詳しく

介護職のスペシャリストに

介護

介護福祉士は、介護職の中でもスペシャリストといわれる立場にいる人です。国家資格のため試験に合格する必要がありますが、実務経験3年以上で、実務者研修を修了していることが受験資格の条件となっています。学習範囲が広いため、通信制や通学生のスクールで受講して、試験対策する人も多いです。

もっと詳しく

身近な街の法律家になる

女の人

役所と市民をつなぐ架け橋

一説によれば、個人や法人が国の機関や市町村役場などに提出する書類は1万種類にも上ると言われています。その中には当然、市民生活に密着した非常に重要なものもあり、提出しなかったり不正確な書類を提出してしまったりすると大きな損失を生じてしまうケースもあります。こうした事態を避けるために強い味方となってくれるのが、行政書士です。行政書士は官公署に提出する書類の作成や提出を代行したり、書類作成に関連した相談に応じることを主たる業とする専門職です。かつては「代書屋」という俗称で呼ばれていたことからも分かるとおり書類の浄書をもっぱら行う仕事というイメージがありましたが、現在では市民目線の法律家としてその需要は年々高まりを見せています。

受験資格に制限はなし

行政書士は国家資格となっており、国家資格に合格し、専門家団体の名簿に登録されれば原則として誰でもなることができます。試験は毎年1回、全国の会場で実施されています。行政書士試験に合格するには、憲法・民法・行政法などのほか法に関する一般知識など、幅広い知識が求められています。受験対策には専門学校に通ったり、独学したりとさまざまな方法があります。人気の高い資格だけに参考書の種類も多く、独学のみでも十分な準備が可能です。独学者向けのテキストとしては一般書店で販売されている解説書や問題集のほか、各種学校等が開講している通信講座用のテキストなどがあります。独学は勉強を続けるモチベーションを保ち続けるのに苦労しがちですが、通信講座ではステップを踏みながら学習を継続できるので便利です。

注目の国家資格です

勉強道具

リハビリテーションの専門家として言語聴覚士の資格に注目が集まっています。これからの専門職として、需要は高まるでしょう。言語聴覚士の資格を取得するためには、養成学校で学ぶ必要がありますがその範囲はとても広いです。また年次が上がると実習の割合も増えてきます。

もっと詳しく